TEL:075-591-5111
平日9:00〜17:30

システムの一本化で業務効率をUP

導入の概要

直納先の指示書と送り状をシステムで作成していました。
その上、売上管理は2つの別のシステム・ソフトを使用し、3つのシステムを通して管理されていたのです。
一回の入力したものをリレーショナルにすべて使用することで、業務効率が格段に上がる事をご提案。
現在では表計算もシステムで出力出来るので業務効率が改善されました。

基本データ
業種 食品の卸・販売
規模 6人
対象業務 受注・販売・納期・請求管理
課題 システムの一本化

導入前の課題と導入後の効果

導入前の課題
  • システムの一本化
導入後の効果
  • データをリレーショナルにすべて使用することで、業務効率が格段に上がる事

システムのモバイル化で業務の流れを効率化

導入の概要

現場が手書きのメモを使用し、そのメモを事務員が会計システムに再度入力をしていました。
《現場での入力をモバイルから簡単に入力出来ること》と、《各拠点を同一ネットワークにすること》をご提案。
それにより、リアルタイムに在庫がわかり、入力の手間や在庫把握の手間が短縮されました。
モバイルで簡単に入力出来るようにしたことがきっかけですべてシステム化することが出来ました。

基本データ
業種 食品の卸・販売
規模 30人
対象業務 売上管理
課題 システムのモバイル化
各拠点を同一ネットワークにすること

導入前の課題と導入後の効果

導入前の課題
  • 現場での入力をモバイルから簡単に入力出来ること
  • 各拠点を同一ネットワークにすること
導入後の効果
  • 入力の手間が短縮
  • 在庫把握の手間が短縮

段階を踏みデータを一元管理できるシステムにシフト

導入の概要

元々受発注と請求はパッケージソフトのカスタマイズ版を使用し、販売管理システムは60人で端末2台使用していました。
まず、販売管理を社員全員で共有する営業支援システムを構築。
次に点検予定・保守更新を管理するためにタスク管理システムを導入しました。
このことで見積から受注、発注、納品、請求の一連の流れを一元管理できるようになりました。
今後もフロンドエンドのシステムを組み込んでいく予定。

基本データ
業種 IT、サービス
規模 70人
対象業務 受注・販売・請求・顧客・タスク管理
課題 販売管理の共有
点検予定・保守更新の管理
データの一元管理

導入前の課題と導入後の効果

導入前の課題
  • 販売管理の共有
  • 点検予定・保守更新の管理
  • データの一元管理
導入後の効果
  • 見積から受注、発注、納品、請求の一連の流れを一元管理


TOP